【東大阪】電子キーを狙った新手の自動車窃盗事件!プリウス・アルファードなど被害総額1億3000万円! 

LINEで送る

電子キーを狙った新手の自動車窃盗事件で、東大阪の衣摺の方が逮捕されました。

産経WESTによりますと、

電子キーの車を狙った自動車盗を繰り返したとして、大阪府警捜査3課は3日、窃盗容疑などで大阪府東大阪市衣摺(きずり)の自営業、古川広明容疑者(42)ら男5人を逮捕、送検したと発表した。

 

トヨタ自動車のプリウスやアルファードといった車種を中心に計41台(総額1億3千万円相当)の被害を裏付けたという。

 

 同課によると、古川容疑者らは、駐車中の車をこじ開けて車内の電子機器を取り出し、「キープログラマー」と呼ばれる特殊な装置を使って機器を操作。別の電子キーでもエンジンが作動するようデータを書き換え、車に乗り込んで走り去っていた。府警は、新たな自動車盗の手口として警戒を強めている。

車

昔の自動車盗は、鍵穴そのものを壊して無理にエンジンをかけたりと、手荒な窃盗が多かったようです。それに対し、自動車メーカーも色々な対策を施すのですが、今回はなんと電子キーを使った新しい手口!!!対策をすればその対策の隙をつくというのが世の常なのでしょうか(-_-;)

 

お盆になると車を置いて長期でお出かけされる方も多いかと思いますが、今の自動車盗難の実態を知っていただき、皆さんの大切な愛車が盗まれないように防犯に努めて頂ければと思います。

 

(なかあす)


【注目!】東大阪市のクーポンてんこもり
ゴーガイチケット8月号はこちらから

 

LINEで送る

ページの上へ