エビスさま商売繁盛でお願いします!さぁ、布施戎神社にお参りしよう。

LINEで送る

近鉄布施駅から「布施本町商店街」を歩くと、″えべっさんの街 布施”と言う文字が目に付きます。えべっさんと言えば、大阪市にある今宮戎、堀川戎が有名ですが、この東大阪にも布施戎神社がある事を忘れてはいけません。

エビスさま商売繁盛でお願いします!さぁ、布施戎神社にお参りしよう。

 近鉄布施駅から歩いて5分ほどでしょうか、駅からスグです!

エビスさま商売繁盛でお願いします!さぁ、布施戎神社にお参りしよう。

この地は、その昔、足代村氏神として「都留弥(つるみ)神社」が祀られていましたが、明治18年の淀川大洪水によって、神殿も古文書も全て流されてしまいます。その後村人によって再建され足代村の氏神社として祀られたそうな。

エビスさま商売繁盛でお願いします!さぁ、布施戎神社にお参りしよう。

そして時は流れ、昭和29年に西宮神社から戎大神(ひるこのみこと)の御霊代(みたましろ)を勧請申し上げ「布施戎神社」の祭祀が始まり、昭和63年には大阪の今宮戎から事代主命(ことしろぬしのみこと)を勧請申し上げました。

エビスさま商売繁盛でお願いします!さぁ、布施戎神社にお参りしよう。

 現在、境内には大きなエビス像があり、空高く釣竿を振り上げています。けっこうな迫力ですよ。

エビスさま商売繁盛でお願いします!さぁ、布施戎神社にお参りしよう。

ここに来ると、何事も上手く行きそうな気がしてきます。

エビスさま商売繁盛でお願いします!さぁ、布施戎神社にお参りしよう。

さて、エビスさまですが、皆さんは詳しく知っていますか?七福神の一人で、古くから漁業の神、商いの神とも言われていますね。エビスに関してウィキペディアで調べてみると…

「えびす」という神は複数あり、イザナギ、イザナミの子である蛭子命(ひるこのみこと)か、もしくは大国主命(大黒さん)の子である事代主神(ことしろぬしかみ)とされることが多い。少数であるが、えびすを少彦名神や彦火火出見尊とすることもある。

また、外来の神とされることもあり、「えびす」を「戎」や「夷」と書くことは、中央政府が地方の民や東国の者を「えみし」や「えびす」と呼んで、「戎」や「夷」と書いたのと同様で、異邦の者を意味する。このように多種多様の側面があるため、えびすを祀る神社でも祭神が異なることがある。

エビスさま商売繁盛でお願いします!さぁ、布施戎神社にお参りしよう。

 日本の歴史や神話は調べて行くと、本当に面白いものです。知っているようで知らない事ばかりです。東大阪にもそんな歴史の足跡が沢山残っていますので、それを見つけ散策して行くのも楽しそうです。

エビスさま商売繁盛でお願いします!さぁ、布施戎神社にお参りしよう。

いずれにせよ、布施まで来たら「布施戎神社」まで足を運び、商売繁盛を願って手を合わせに来ましょう。きっとご利益があるはずですよ。


布施戎神社(ふせえびす)

住所:大阪府東大阪市足代1-15-21

布施戎神社Facebook

大阪府東大阪市足代1-15-21

【注目!】東大阪市のクーポンてんこもり
「ゴーガイチケット」はこちらから!

LINEで送る

ページの上へ