【東大阪市】新たなボランティアの募集が開始!生後3週齢から4週齢の子犬・子猫を飼養していただき飼い主に譲渡

2019/06/07 09時00分

東大阪市動物指導センターで、新たなボランティアの募集が開始されました!ボランティアの内容は、離乳前の子犬及び子猫を譲渡できる時期まで飼育していただき、新しい飼い主に譲り渡すというものです。 猫《イメージ画像》

飼育していただく子犬、子猫は、おおむね生後3週齢から4週齢の子犬・子猫です。ボランティアの方には、生後2か月程度(固形フードが食べられる)まで飼養していただき、飼い主を探して譲渡していただきます。

猫《イメージ画像》

固形フードが食べられるようになるまでは、少なくとも1日5~6回の授乳(3~4時間おき)が必要です。他には、排泄の補助、健康管理を含めた日々の飼養管理などが含まれます。ミルクやフード類、飼養管理に必要な物資、治療費などにつきましては、ボランティアの方のご負担となります。規約やお申し込みは東大阪市のHPにてご確認ください。

公園

東大阪市には多くの公園があり、飼い主の都合により飼えなくなった犬猫が放置されたり、生まれた時から飼い主のいない犬猫たちもいます。以前からも問題視され、東大阪市動物指導センターや他の保護団体も協力してきましたが、今回のボランティアが始まったことで、地域の皆さんも一緒に保護活動に参加することができます。

書類《イメージ画像》

ボランティアの申し込みは講習会の受講が必要となりますので、事前に動物指導センターまでお電話にて申し込みください。申し込み時に飼養環境、確認事項など必要な書類もありますので、必ず東大阪市のHPをご確認の上、ご応募してくださいね!

猫《イメージ画像》

今回のボランティア募集をきっかけに、多くの子犬・子猫たちが保護され、殺処分数の減少につながるといいですね。

離乳前幼齢犬猫の譲渡ボランティア募集について

《記事:なかしまあすか》

ジモネタ東大阪

提供提供求む!

号外net東淀川区の宣伝・求人は号外NET

今月の運勢

ページの上へ