【東大阪市】2023年1月7日OPEN!河内小阪駅前の出張カキ小屋『牡蠣奉行』。オープン初日にさっそく行ってきました♪

河内小阪駅の北側の駐車場で、期間限定の出張カキ小屋『牡蠣奉行』がオープンしています!

『牡蠣奉行』の出店期間は、2023年1月7日~2月12日までです。

【会場】出張カキ小屋「牡蠣奉行」in 河内小阪駅前特設会場
【開催期間】2023年1月7日~2月12日

※公式ウェブサイト

オープン前から気になっていたので、オープン初日の2023年1月7日(土)に、さっそく行ってきました♪

入口を入って左側に牡蠣などの食材が並んでいます。好きな物を選んで、奥のレジで精算。お会計が終わると、店員さんが席まで案内してくれるシステムです。

お席代は1人390円(税込)。混雑時は90分制になっています。

宮城県産ザル入りの牡蠣(600円)や、バケツ盛りの牡蠣(1800円)、岩手県産の牡蠣など、牡蠣だけでも好みの物を選べます。

迷わず、バケツ盛り。

海鮮系の食材だけでなく、豚串、牛串、フランクフルトなどもありました。

ドリンクもレジで注文して、受け取ります。おかわりも、席オーダーではなく、レジカウンターで注文します。

食材も豊富で、ドリンクも注文OK。何の準備も無しで気軽に屋外バーベキューができるなんて、最高ですね!

この日はあいにく雨模様。寒さと雨が気になっていましたが、テントの中なので雨でも安心、寒さはあまり気になりませんでした。

案内されて席に着いたら、牡蠣の焼き方を教わります。

しっかりタイマーで時間をはかり、大きな蓋をして牡蠣を蒸らしていきます。

ひっくり返して、もうしばらく待ちます。

そろそろいい感じになってきました。

テーブルにはポン酢や醤油が置いてあり、好みで付けて食べています。

貝そのものの大きさも、身の大きさも様々。中を開けて見るまで身の大きさはわからないので、毎回ワクワクしながら貝を開けるこの瞬間も楽しいですね。

ガラ入れはトレイ。

基本的に、ほとんどがセルフサービス。足りないものは自分で取りに行きます。

食べ終わった後の食器やガラは、返却口に。

1時間ちょっと滞在していましたが、外に出ると、何組か並んでいました。筆者が入ったのは15時30分くらいだったので、比較的スムーズに入れましたが、時間帯によっては混み合いそうですね。

炭火で焼きながら食べるので、大人から子供まで楽しめると思います。トングや軍手も全て貸し出しで、手ぶらで気軽に参加できるので、気になっている方は、ぜひ開催期間中にお店へ行ってみてくださいね!

※『牡蠣奉行』公式ウェブサイト

お店の場所はこの辺り

2023/01/07 19:15 2023/01/08 10:46
なかしまあすか

号外NETゲームポータル

地域ニュースサイト号外NETの昭和な記事を集めました:昭和レトロのナウいニュース

ジモネタ東大阪

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら

号外net 全国で地域ライター募集