【東大阪】東大阪の魅力を再発見!『ひがしおおさか体感まち博』を知っていますか?!

2018/10/10 09時00分

皆さんご存知の通り、東大阪には魅力的な会社やお店がたくさんあります。今回は、以前から気になっていた革製品のワークショップを体験してきました!

ワークショップ

俊徳道から徒歩約7分の場所にある『虹紙製作所』。オーナーであり職人の和田 英男さんと、レザークラフトのワークショップを開催している和田 静奈さんに案内していただきました。

ワークショップ

『虹紙製作所』は、『紙』と名前に入っていますが、紙ではなく木工が主体です。木工に異素材も取り入れていきたいと、金属、革なども手掛け、ワークショップは全国で開催されています。

ワークショpップ

今回、挑戦するのは『ペン入れ』です。初めて見る機材にうまく作れるか不安を感じます(;”∀”)  

ワークショップ

重ねて縫い穴をあけていき、開始から約10分程でこの状態に。わかりやすく教えてもらえるので、楽しく進められます♪

作り方

縫うのが一番の難関だと予想していたのですが、『レーシングポニー』という台座を使うと作品が固定され、革を汚したり傷めたりすることなく、効率よく綺麗に縫うことができます。

作り方

この『レーシングポニー』も英男 さんが作られたものだそうです。縫い方は少しコツがいりますが、丁寧に教えてもらいました♪

ワークショップ

完成した作品がこちら!形を整えるため、木を差し込んだまま1日置いて完成です。

革

今回体験させて頂いた『虹紙製作所』のレザークラフト体験が、東大阪初の体験型観光プログラム博覧会『ひがしおおさか体感まち博』で体験することができるんです!

【虹紙製作所のレザークラフト体験】
コインケースやペンホルダーをはじめ、手帳カバーやスマホケース、ドリンクホルダーなど13種類の中からお好きな製品を選んで、さらに5種類の中からお好みの色を事前に指定していただきます。あらかじめ裁断している革を使って穴を開けたり、縫ったりし製作していただきます。工夫が凝らされた虹紙製作所オリジナルの道具を使ってレザークラフトがはじめての方でも楽しんでいただけますよ! 

※上記コメント、日時の詳細は体感まち博HPより

体験型観光プログラム博覧会『ひがしおおさか体感まち博』では、他にも『ライナーズとはじめてのラグビー体験』など、体験できるイベントが沢山あります!

ライナーズ

東大阪の魅力を再発見することのできる『ひがしおおさか体感まち博』。食、スポーツ、文化、芸術などジャンルも沢山あるので、ぜひお好みの体験プログラムを見つけてくださいね!

 

場所 虹紙製作所(レザークラフト体験)
東大阪市永和3-18-13
近鉄大阪線「俊徳道」・JRおおさか東線「俊徳道」駅から共に徒歩約7分


(記事:なかしまあすか)

ゴーガイチケット東大阪西
ページの上へ